FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ogre0612.blog17.fc2.com/tb.php/64-1f5a388a

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

第三章 別れを呼ぶ北の大地・18

「各チームの状況はどうかね?」
 SBH2の松山司令がオペレータ席の泉に聞く。
「はい、今のところは特に変化はありません。間もなく11回目の定期連絡の時間ですが……」
 振り返らすにモニターを見つめたまま答える泉。
「今のところ収穫はなしか……。作戦開始から7時間、今日の残りの哨戒時間は3時間ですか……。初日から当たるとは思ってはいなかったけれど退屈なものですなぁ」
 松山司令は伸びた顎鬚を触りながらモニターを覗き込む。モニターには各チームの現在位置が映し出されている。

「おや、どこかのチームの動きが止まっているようですな。計器の故障ですか?」
 松山はモニター上の光点を指差す。他の光点と違いそれは一定の箇所に留まったままだ。
「そこはキャロットのBチームです。先ほどから何度か呼びかけているのですが……」
 心配そうな顔で松山に報告する泉。
「ふぅむ、何かあったのですかねぇ……」
 
「……15時か。そろそろ頃合か……」

「ん?何か言いましたかデビット司令?」
 デビットが何か呟いたような気がして松山は振り返る。
「いや。松山司令、このまま巡回を続けても埒が開かない。当初の予定とは違うが哨戒範囲を絞り込もう。泉君、各チームに連絡を」
 デビットの言葉を聞いた松山がすかさず意見をする。
「デビット総司令、まだ初日ですよ。そんな焦って動かなくとも……」

「焦っているわけではなく勘ですよ。ここで動けと誰かが言っているような気がしてね。責任は私が持ちましょう」

「まぁ司令が仰るんのであれば……」
 そう言って松山もデビットに従う。
「感謝します。さぁ泉君、みんなに連絡を」

「……はい。SBH2より各チームへ、SBH2より各チームへ。これより作戦の変更を通達します。繰り返します、これより作戦の変更を通達します……」




「キャロット1了解。これよりポイントCN3へ向かいます。以上」
 泉との通信を終えた忍が通信機を置いてぼやく様に口を開く。
「やれやれ作戦変更だとさ。哨戒ルートを絞り込んでピンポイン探索をするってよ。で、俺らはポイントCN3へ行けって。相変わらず人使いの荒いこった」 
 助手席のシートにもたれ掛かって大きく伸びをする忍。 

「ポイントCN3へのルートを出してもらえるかい、ミレイ」
 先ほど運転を変わってハンドルを握っている俺はミレイルートの探索を頼む。
「今調べるからちょっと待ってね。えぇっと……」
 ミレイが車内の情報端末に俺達の現在位置と目的地を入力する。

「はい、これがルートだよ」
「けっこう距離があるなぁ。少し飛ばして行くか」

「安全運転で頼むぜ、修治さん」
「そっちこそ、警戒を怠るなよ、忍」

 俺はアクセルを踏み込んでポイントCN3、北海道東第4発電所へと車を進める。


続く


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ogre0612.blog17.fc2.com/tb.php/64-1f5a388a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

一言

 あっという間に8月になりましたね。
 夏休みの予定がまだ決まっていないのが悲しいところ。
 実家に戻るつもりなのですが、その間の更新はどうしたものか……。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

おぐれしんじ

Author:おぐれしんじ
東京都で会社人をやっています。
趣味の小説ですが、ひとつよろしくお願いします。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。